アカデミーについて

一貫教育で「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を着実に育みます。

Zoo-phonics Academy (ズー・フォニックス・アカデミー)は、ことばを覚える1歳から小学生までの子どもの英語力を早期育成する完全英語指導スクールです。「バイリンガル育成コース」と「レギュラーコース」のいずれのプログラムでも、米国で生まれたフォニックス教授法「Zoo-phonics©」と、オリジナルのカリキュラムと教材を活用して、「聞く」「話す」「読む」「書く」という4つの力を、段階的にバランスよく伸ばします。何よりも「楽しい」「もっとやってみたい」という思いこそ、成長の最大の活力です。ゆたかな学びを通して習得する英語能力が、子どもたちの未来の可能性を大きく広げます。

4つの力を確実に伸ばします。

ズー・フォニックス・アカデミーは、一貫して早期英語教育による4技能育成の重要性を提唱、実践してきました。3歳~12歳までの言語形成期(言語習得の能力が最も高い時期)の英語教育が最も大切だと考えています。全てのプログラムとカリキュラムにおいて、オールイングリッシュによる生の英語教育とZoo-phonicsメソッドを使ったフォニックス学習で、お子様の英語のセンスを養い、英語の4技能をできるだけ伸ばすことを目標としています。

外国人教師の採用と研修

生徒一人一人の確実な進歩を大切にするズー・フォニックス・アカデミーでは、子どもの教育に適正と経験のある外国人を厳選して採用しています。また、採用後は、Zoo-phonics公式トレーニングを含む集中的な研修を行い、プリスクール、幼稚園児、小学生の様々なプログラムとレベルのカリキュラムと教材の使用法と指導法について、丁寧かつ徹底した指導を与えます。また、研修後も、定期的にフォローアップ・トレーニングを行い、知識と能力の研鑽に努め、お子さまを伸ばす努力を続けていくよう促します。ズー・フォニックス・アカデミーでは、こうして育成した力量のある教師が、大切なお子さまの英語教育を担当します。

国連英検ジュニア・テストと実用英検

ズー・フォニックス・アカデミーでは、日ごろの英語学習の成果の確認と、各レベルの到達目標として、国連英検ジュニアテストの受験を奨励しています。ジュニアテストは、毎年年2回(7月と11月)、各スクールの教室で実施し、テスト前には「テスト対策クラス」を用意しています。毎回、多くの在校生がジュニアテストを受験していい成績をおさめています。次のレベル合格を目標として学習に励んでいるお子さんも少なくありません。ジュニアテストは、一般の「国連英検」とレベルが連動しており、6コース修了後は、国連英検の受験が可能となります。合格級により文部科学省から高校卒業程度の英語認定や外務省から海外派遣試験の英語力認定が受けられます。
また、国連英検ジュニアテストを受け終えたお子さん向けに、実用英検の受験を奨励しています。スクールによっては、準試験会場として、5級から準2級の一次試験をスクールの教室で受験できます。(※英検実施はスクールによって異なります。スクールに直接お問い合わせください。)